経営理念

安心で快適なくらしのため
エネルギーの未来を切り拓く

経営理念

Missionに掲げるのは、東京電力グループの使命です。

福島への責任を果たすことを第一に、お客さま、ビジネスパートナーなど全てのステークホルダーの「安心で快適なくらし」の実現に向け、電気やガスの 安定供給にとどまらず、「エネルギーの未来を切り拓く」ことで、お客さま 一人ひとりの期待を超える価値を提供していくことが私たちの使命であり、 存在意義です。

Visionは、5~10年先の未来に実現していく将来像を示します。

東京電力グループの事業はステークホルダーの皆さまからの信頼で成り立っています。
「安全で持続可能な社会」を実現するための、「カーボンニュートラル」や 「防災」を軸とした事業展開により、新しい価値の創造に取り組み、「信頼 され選ばれ続ける企業グループ」を目指します。

Valuesは、東京電力グループ全体で共有し、Mission/Visionを実現するために社員一人ひとりが常に大切にすべき価値基準です。

「安全最優先」と「責任の貫徹」は、東京電力グループにとって欠くことの できない行動原則です。また、常に「お客さまのために」、「変革への挑戦」を続けることで、社員とともに企業体としても成長していきます。

企業行動憲章

平成17年4月、CSR(企業の社会的責任)に対する取り組みをグループ企業が一丸となって推進するため、東電グループとして果たすべき行動理念のあり方を定めた「東京電力グループ企業行動憲章」を制定いたしました。

東京電力グループ企業行動憲章 PDF版(118KB)