プレスリリース 2011年

福島第一原子力発電所3号機取水口付近からの放射性物質を含む水の外部への流出の可能性について(続報)

                             平成23年5月11日
                             東京電力株式会社

 本日午後0時30分頃、福島第一原子力発電所3号機の取水口付近において、立坑
閉塞作業を実施していた作業員が、電源ケーブルを納めている管路を通じてピット
内に水が流入していることを確認しました。
 現在、放射性物質を含む水の外部への流出の可能性について調査するとともに、
当該ピット内の水および3号機取水口の海水のサンプリングを実施し、福島第二原
子力発電所において分析しております。
 今後、当該ピット内の止水対策を講じてまいります。
                             (お知らせ済み)

 調査の結果、午後4時5分頃、当該ピットから海への流出が確認されました。

 その後、当該ピットに通じる管路に対して布を挿入したうえで、ピット内にコン
クリートを打設することによって、本日午後6時45分、水の流出が止まったことを
確認しました。
 今後、止水状況を監視していくとともに、3号機取水口の海水のサンプリング結
果、流入流出経路および状況を調査してまいります。

                                  以 上

*ピット:コンクリート製の立坑。


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします