プレスリリース 2011年

東北地方太平洋沖地震による影響などについて

【午前9時現在】

                             平成23年6月6日
                             東京電力株式会社

 平成23年3月11日に発生いたしました三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震
により、当社の原子力発電所をはじめとした設備等が大きな被害を受けるなかで、
立地地域の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまに大変なご心配とご迷惑をおかけし
ておりますことに対し、心よりお詫び申しあげます。
 また、福島第一原子力発電所の事故に関し、4月17日、事故の収束に向けた、当
面の道筋を取りまとめ、5月17日に進捗状況についてお示ししております。原子炉
および使用済燃料プールの安定的冷却状態を確立し、放射性物質の放出を抑制する
ことで、避難されている方々のご帰宅の実現および国民の皆さまが安心して生活い
ただけるよう全力で取り組んでまいります。

 当社設備への主な影響について、以下の通りお知らせいたします。
 ※下線部が新規事項 

【原子力発電所】
・福島第一原子力発電所 1〜3号機 地震により停止中
 (4〜6号機は定期検査中)

※6月5日午後6時26分、3号機タービン建屋地下の滞留水を復水器へ移送を開始。6月5日、展望台周辺他において、作業員が飛散防止剤を約8,750mの範囲に 
 散布。6月5日午前10時頃、発電所構内野鳥の森付近で、電源ケーブル敷設作業を実施 
 中、協力企業作業員1名(作業着上下、タイベック、全面マスク装備)が体調不 
 良を訴え。福島第一原子力発電所医務室で診察を実施後、午前10時37分頃にJヴ 
 ィレッジにむけて救患車で搬送。午前11時20分にJヴィレッジからドクターヘリ 
 を要請し、救護車で広野中央体育館へ搬送後、ドクターヘリで総合磐城共立病院 
 へ搬送。診察を受けた結果、「脱水症」の疑いがあり、1週間程度の入院加療が 
 必要との説明。 
 また、同日午前10時15分頃、同様の作業で、協力企業作業員1名(上記と同じ装 
 備)が体調不良を訴え。福島第一原子力発電所医務室で診察を実施後、容態が思
 わしくないため、午後0時7分頃にJヴィレッジにむけて救急車で搬送。午後0 
 時40分に救急車にてJヴィレッジから福島労災病院へ搬送。診察を受けた結果、 
 「脱水症 3日間の自宅安静を要す」との診断。 


・福島第二原子力発電所 1〜4号機 地震により停止中

・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
 (2〜4号機は定期検査中)

【火力発電所】
・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中

【水力発電所】
・電気の供給については、すべて復旧済み
 (ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【流通設備等への影響】
・電気の供給については、すべて復旧済み
 (ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

【今夏の需給見通しと対策について】
 東北地方太平洋沖地震により、多くの発電所が停止した事態に対処するため、こ
れまで供給力の確保に全力で取り組んでまいりましたが、このたび、追加供給力の
確保の見通しが立ったことから今夏の供給力を上方修正いたしました。
 またこの夏の計画停電の「原則不実施」を継続するためには、供給力のさらなる
確保に加え、引き続き、広くお客さまの節電へのご理解・ご協力が不可欠であるこ
とから、政府の電力需給緊急対策本部より示されました「夏期の電力需給対策につ
いて」の内容を踏まえ、当社としての具体的な取り組み内容を取りまとめておりま
す。
                              (お知らせ済)
 なお、経年火力の連続稼働等による計画外停止や、異常な猛暑による需要の急増
などが発生した場合には、需給の安定確保に支障をきたす可能性があることから、
今後も計画停電の「原則不実施」を継続していくため、これまで検討してきた追加
供給力対策を着実に実施するとともに、引き続き供給力の確保に努めてまいります。

                                  以 上

添付資料
・過去の実績(PDF 266KB) 

※上記資料の最新版は、【「東北地方太平洋沖地震による影響などについて」実績 
 ファイル】ページをご覧ください。

 



	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします