プレスリリース 2011年

福島第一原子力発電所構内における土壌中の放射性物質の核種分析の結果について(続報35)

                             平成23年10月16日
                             東京電力株式会社

 周辺環境のモニタリングの一環として、東北地方太平洋沖地震で被災した福島第
一原子力発電所の敷地内(5地点)において、平成23年3月21日および22日に採取
した土壌中に含まれるプルトニウムの分析を行った結果、プルトニウム238、239、
240が検出されましたので、お知らせいたしました。
                              (お知らせ済み)

 定例的に試料の採取を行うこととしている3地点における平成23年9月26日の採
取分について、土壌中に含まれるプルトニウムの分析およびガンマ線の核種分析を
行った結果、別紙(別紙1別紙2)の通り、プルトニウム238、239、240および
セシウム134、137が検出されました。

 以上の分析結果について、本日、とりまとめて原子力安全・保安院ならびに福島
県に連絡いたしました。

 今後も、同様のサンプリングを実施することとしております。

                                  以 上

添付資料
・別紙1:福島第一原子力発電所 土壌中のPu分析結果(PDF 9.07KB)
・別紙2:福島第一原子力発電所 土壌中のガンマ線核種分析結果(PDF 10.5KB)




	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします