プレスリリース 2011年

福島第一原子力発電所2号機におけるキセノン135の検出に関する経済産業省原子力安全・保安院への報告について

                             平成23年11月4日
                             東京電力株式会社

 当社は、福島第一原子力発電所2号機において、平成23年10月28日より、原子炉
格納容器ガス管理システムを運用しておりますが、11月1日、ダスト放射線モニタ
内に設置されたチャコールフィルターを採取して核種分析を行った結果、短半減期
核種であるキセノン135(半減期約9時間)が検出されました。

 本件に関する当社の見解をとりまとめて、本日、別紙の通り、経済産業省原子力
安全・保安院へ報告しましたのでお知らせします。

                                  以 上

添付資料
・別紙:福島第一原子力発電所2号機の格納容器からのXe135の検出について
                               (PDF 259KB)

 ※添付資料に誤表記がありましたので差替えいたしました。
  (平成23年11月4日18時更新)
 修正箇所については、こちらをご覧ください。



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします