プレスリリース 2011年

緊急時作業者の被ばく線量の評価状況等について

                             平成23年11月30日
                             東京電力株式会社

 これまで当社は、福島第一原子力発電所における作業者の被ばく線量について、
「内部被ばく線量」、「外部被ばく線量」の2つに分けて評価を進めてきました。

 その結果は、厚生労働省の報告期限が到来するごとに、順次、以下の事項につい
て中間報告を行い、公表してきました。
 (a) 3月から9月分の内部被ばく線量の評価結果(対象者16,916名。但し、連絡
   先不明者16名を含む173名は今後評価予定。)*1
 (b) (a)のうち、内部被ばく線量と外部被ばく線量を合算した評価が、250mSvを
   超える作業者の、内部被ばく線量の詳細評価*2結果(6名)
 (c) (a)のうち、内部被ばく線量の評価が20mSvを超える作業者の、内部被ばく線
   量の評価結果(351名:上記(b)の6名を含む)
                     (平成23年10月31日お知らせ済み)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 本日、当社は、以下の3点についてとりまとめ、厚生労働省へ報告しましたので、
お知らせします。
(1)被ばく線量の評価状況(別紙 添付資料1)
  ・3月から9月分の内部被ばく線量の評価が終わらなかった作業者は、10月31
   日時点の173名から48名となりました。今回評価を終えた作業者の結果は以
   下の通りです。
      20mSv超 1名
  ・10月に新たに従事した作業者の人数は870名であり、外部被ばく線量の最大
   値は21.43mSvでした。
  ・10月分の内部被ばく線量の評価を終えた作業者は809名おり、その結果は以
   下の通りです。なお、今後評価予定の作業者は61名おります。
      20mSv超 0名
(2)連絡先不明の作業者への調査進捗状況
  ・別紙 添付資料2の通り、報告しました。
(3)「呼吸用保護具」の装着に当たっての対応策への取り組み状況
  ・別紙 添付資料3の通り、報告しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 なお、今後以下の通り、厚生労働省への報告を予定しております。
  ・本日報告時点で評価が終わっていない3月から10月分および11月分の作業者
   の被ばく線量評価値(12月28日)
  ・連絡先不明の作業者の調査進捗状況(12月28日)

                                  以 上

*1 10月31日報告時点の3月から9月分の評価済みの人数

*2 内部被ばく線量の詳細評価
  内部被ばく線量の評価は、まず、Jヴィレッジ隣接の広野サッカー場に設置し
 ているホールボディーカウンタ(WBC)での残留放射性物質量の測定により行う。
 その結果が20mSvを超えた場合、詳細評価として、ヒアリング調査等に基づく摂
 取日を特定した再評価や、独立行政法人日本原子力研究開発機構(JAEA)の精密
 検査用WBCによる詳細測定を行う。新たに評価が進んだ場合は数値が見直される
 場合がある。

<別紙>
 福島第一原子力発電所緊急作業者の被ばく線量等について(PDF 77.1KB)




	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします