トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2014年 > 福島第一原子力発電所汚染水処理設備淡水化装置(逆浸透膜装置)RO-3からの漏えいに関する「発電用原子炉施設故障等報告書」の補正について

プレスリリース 2014年

福島第一原子力発電所汚染水処理設備淡水化装置(逆浸透膜装置)RO-3からの漏えいに関する「発電用原子炉施設故障等報告書」の補正について

平成26年10月31日
東京電力株式会社

 当社は、福島第一原子力発電所構内の汚染水処理設備淡水化装置(逆浸透膜装置)RO-3からの漏えいについて、原因と対策について報告書として取りまとめ、平成25年12月6日に、東京電力株式会社福島第一原子力発電所原子炉施設の保安および特定核燃料物質の防護に関する規則第18条第12号に基づく報告(事故故障等の報告)を原子力規制委員会に行いましたが、本日、前回報告後に実施した原子力規制庁への報告内容の説明を踏まえて、原因分析、対策等について追記・修正等を行い、補正として原子力規制委員会へ報告しましたので、お知らせいたします。

(以下、平成25年12月6日までにお知らせ済み)

 平成25年10月9日午前9時35分頃、福島第一原子力発電所構内のジャバラハウス内で行なっていた汚染水処理設備淡水化装置(逆浸透膜装置)RO-3の配管工事において、協力企業作業員が本来作業すべき配管とは別の配管接続部を誤って開放したため、同接続部からの水(淡水化装置処理前)の漏えいが発生しました。
 その後、午前9時55分頃に当該配管上流側の廃液供給ポンプを手動停止するとともに、午前10時15分頃に当該配管付近の関連弁を閉操作しました。また、当該配管の接続部をつなぎ直したことにより、午前10時50分頃に漏えいの停止を確認しました。
 漏えいした水の範囲はジャバラハウス内の堰全域で、堰内に留まっておりますが、平成25年8月13日に採取した淡水化装置処理前の水の分析結果(全ベータで3.7×107 Bq/L)から、漏えいした水の放射能量が全ベータで1×1010Bq(漏えい程度が軽微なときの目安値)を超えていることが明らかなため、午前11時10分に東京電力株式会社福島第一原子力発電所原子炉施設の保安及び特定核燃料物質の防護に関する規則(以下、「福島第一規則」)第18条第12号「発電用原子炉施設の故障その他の不測の事態が生じたことにより、核燃料物質等(気体状のものを除く)が管理区域内で漏えいしたとき。」に該当すると判断しました。
 その後、漏えいした水の放射能濃度を分析した結果、全ベータが3.4×107 Bq/Lであることを確認しました。
 当該工事及び漏えい発生後の対応に従事していた作業員11名のうち6名について、首から下の部位で放射性物質の付着が確認されましたが、全員の除染を行い基準値以下まで除染できたことを確認しました。
 当社は、平成25年10月18日、12月6日に本トラブルの内容等について、福島第一規則第18条第12号に基づく報告(事故故障等の報告)を原子力規制委員会に行いました。

以 上

○別 紙
 ・発電用原子炉施設故障等報告書(PDF 1.17MB)PDF
 (件名:福島第一原子力発電所汚染水処理設備淡水化装置(逆浸透膜装置)RO-3からの漏えいについて)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします