トップページ > 東京電力ホールディングスの概要 > 資材調達 > 調達計画 > スマートメーター仕様提案募集 > スマートメーター用通信システムに関する公募の実施について

スマートメーター用通信システムに関わるRFP募集要領

 公募期間は終了いたしました。

  原子力損害賠償支援機構(以下、機構)と東京電力株式会社(以下、東電)は、「総合特別事業計画」(平成24年5月9日公表)に基づき、スマートメーターの国内外からのオープンな調達・導入拡大に向けた検討を進めておりますが、このたび、その一環として「通信機能についての提案募集(RFP:Request for Proposal)」を開始することとし、本日、募集要領を公表いたしました。

  スマートメーターの調達については、本年3月にスマートメーターの計器部分および通信部分についてRFC(Request for Comment)を実施し、国内外の事業者より400件を超える多数の意見をいただきました。
 機構と東電は、RFCでの意見を受け「RFCを踏まえたスマートメーター仕様に関する基本的な考え方新しいウィンドウで開く(以下、基本的な考え方)」(平成24年7月12日公表)を策定し、その中で3つの視座(①徹底したコストカットの実現、②外部接続性の担保、③技術的拡張可能性の担保)を示すとともに、本年10月以降、「計量部の仕様開示PDF」、「通信方式を決定するためのRFP」、「システム開発事業者の公募」を実施することとしておりました。
本日公表した「通信機能についての提案募集」は、上記の基本的な考え方を踏まえたものです。

  • 計量部の仕様開示PDF」は10月24日付で実施済み。また、システム開発事業者の公募は今後実施予定。
  また、スマートメーターの調達・展開を、全社最適の観点を踏まえて円滑に実現するため、本日付で東電社内に「スマートメーター戦略委員会」を設置いたしました。
 ご応募いただいた「通信機能についての提案」につきましては、同委員会が機構と協議しつつ、技術的観点や費用の観点などについて審議し、採択を決定いたします。

 

  機構と東電は、「総合特別事業計画」に掲げる「スマートメーターの国内外からのオープンな調達・導入拡大」の実施に向けて、東電の自社の努力のみならず、外部の事業者とも連携しながら事業改革を推進していくとともに、スマートメーターを活用した新たなサービスの展開も図ってまいります。

 

1.公募対象 

  • スマートメーター(通信部)、FAN(コンセントレーター含む)、WANおよびヘッドエンドからなるスマートメーター用通信システム全体とします。

2.公募期間

  • 平成24年11月19日(月)~11月27日(火)

3.参加資格

  • スマートメーター用通信システム全体をトータルソリューションとして提案・構築できることを前提に、募集要領【添付1】PDFに定める参加資格を満足する企業とさせていただきます。

4.申請方法

申請にあたり、下記必要書類の作成・提出をお願いします。

  • 必要書類
  • 提出方法
  • 郵送
  • 提出期限に間に合わない場合は、提出期限までに電子メールにて資料の写し(PDF形式)を提出し、本書は速やかに郵送で提出してください。
  • 提出先
  • 書類郵送先
      〒100-8560 東京都千代田区有楽町1丁目2番2号
                東宝日比谷ビル(日比谷シャンテ)16階
      東京電力株式会社 資材部
       流通設備調達センター 配電・通信設備調達グループ 宛
  • 提出期限
  • ①~③:平成24年11月27日(火) 日本時間24時 必着
  • ④:平成24年12月13日(木) 日本時間24時 必着

5.お問い合わせ

  • お問い合わせは、原則として電子メールにてお願いいたします。
  • 土日・祝日のメールでのお問い合わせについては、翌営業日以降に対応させていただきます。
     あらかじめご了承ください。
  • 電話番号:03-6373-7741(受付時間:平日9時~17時)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします