廃炉プロジェクト > 私が、お応えします。 > 働きやすい環境の整備 > はじめに

私が、お応えします。
福島第一廃炉推進カンパニー
福島第一原子力発電所 副所長
小林 正之

廃炉の「今」と「これから」働きやすい環境の整備

はじめに

Q.福島第一原子力発電所の厳しい労働環境は改善されているの?

A.事故当初の現場は、ガレキが散乱し、放射線量も高く、また十分な休憩所スペースがないなど非常に厳しい環境でした。
こうした状況を、作業員の方々からのアンケートなどでいただいたご意見・ご要望を踏まえて一つひとつ改善を進めてまいりました。そうした改善の成果により、休憩所や食事環境も整備され、より働きやすい環境が整ってきました。
また、除染作業が進んだことで、構内の放射線量低減や放射性物質の飛散防止が図られ、作業時の服装を以前より軽装備にすることができました。
事故当時と現在の構内の様子(動画)はこちらからご覧いただけます。

2017年3月現在



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします