福島第一原子力発電所では、廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議で決定される「東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ」に基づいて廃炉作業を進めています。2011年12月に決定した「中長期ロードマップ」は、廃炉作業の進展に伴って明らかになってきた現場の状況などを踏まえて、継続的な見直しを行っています。

中長期ロードマップの目標行程(マイルストーン)

中長期ロードマップの目標行程(マイルストーン)

対策の進捗状況を分かりやすく示す目標工程

汚染水対策 汚染水発生量を150m3/日程度に抑制 2020年内
汚染水発生量を100m3/日程度に抑制 2025年内
滞留水処理 建屋内滞留水処理完了※ 2020年内(※)
原子炉建屋滞留水を2020年末の半分程度に低減 2022年度~2024年度
燃料取り出し 1~6号機燃料取り出しの完了 2031年内
1号機大型カバーの設置完了 2023年度頃
1号機燃料取り出しの開始 2027年度~2028年度
2号機燃料取り出しの開始 2024年度~2026年度
燃料デブリ取り出し 初号機の燃料デブリ取り出しの開始
(2号機から着手。段階的に取り出し規模を拡大)
2021年内
廃棄物対策 処理・処分の方策とその安全性に関する技術的な見通し 2021年度頃
ガレキ等の屋外一時保管解消 2028年度内

1~3号機原子炉建屋、プロセス建屋、高温焼却炉建屋を除く。

中長期ロードマップに基づく対策