原子力発電所で使い終わった燃料(使用済燃料)には、核分裂しなかったウランや、新しくできたプルトニウムが含まれています。これらは、再処理して再び燃料として利用すること、つまりリサイクルすることができます。このように使用済燃料をリサイクルして利用する一連の流れを「原子燃料サイクル」といいます。

  • ※再処理:

    使用済燃料から核分裂しなかったウランと新しくできたプルトニウムを回収することを再処理といいます。

原子燃料サイクル

(出典:日本原子力文化財団「原子力・エネルギー図面集」)

使用済燃料の中間貯蔵

使用済燃料は、再処理するまでの間、発電所内外で安全に保管しておく必要があります。当社は、使用済燃料の中間貯蔵施設として「リサイクル燃料備蓄センター」の建設を進めています。

高レベル放射性廃棄物の最終処分

高レベル放射性廃棄物は、地下300メートルより深い安定した地層中に処分します。