福島復興への責任 > 環境再生 > 活動アーカイブ > 2016 > 個人線量計およびGPSを活用した「個人線量マップ作製ソフト」の開発

環境再生活動

個人線量計およびGPSを活用した「個人線量マップ作製ソフト」の開発

開発期間
2016年4月~6月
概要
空間線量率ではなく、「個人線量ベース」のマップ作製を容易に可能*1とするソフトウェアを独自開発
  • *1当ソフトのご利用には、汎用品の個人線量計*2とGPS端末が必要となります
  • *2高精度な線量マップ作成には、高頻度(1分単位)で計測可能な個人線量計を推奨(富士電機製DOSEe-nano等)
以下機能を備えたソフトウェアの開発は国内初(当社調べ)
  • 個人線量を行動に沿ってマッピング(線量レベルを色で表示)
  • 移動時あるいは滞在箇所を自動判別し、その個人線量を地図上に表示
Googleマップ上にも視覚的に表示可能
活用・展開
当社ホームページにて公開中
広くご活用いただけるよう、国・自治体・学術機関等へのご紹介を展開中
当ソフトを活用した帰還・復興への取り組み等に、当社としてサポートを実施予定
  • ご活用例:「ご自宅や通学路等の個人線量の把握」
  • 「複数の移動経路ごとの個人線量の比較」等

個人線量マップ(復興本社から福島市内までの代表的な3ルートの事例)



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします