福島復興への責任 > 環境再生 > 活動アーカイブ > 2021 > 国の総合モニタリング計画への対応

環境再生活動

国の総合モニタリング計画への対応

実施時期
2011年8月~ 継続中
実施場所
避難指示区域全域(福島第一原子力発電所周辺地域)
実施人数
社員 延べ3,100人(除染推進室1,700人・復興推進室1,400人/2021年2月末現在)
実施内容
 
 
 
 
・福島第一原子力発電所事故により環境中に放出された大量の放射性物質について、きめ細かな放射線モニタリングを行うため、原子力災害対策本部に設置したモニタリング調整会議において、総合モニタリング計画を策定し、国・自治体・当社が連係して各種モニタリングを実施。
・福島復興本社では、総合モニタリング計画の一部である福島第一原子力発電所周辺を中心とした陸域モニタリングを適宜実施中。
実施結果 
 
原子力規制委員会HP
放射線モニタリング情報の「モニタリング結果」参照
 https://radioactivity.nsr.go.jp/ja/list/512/list-1.html

『これまで』の取り組み



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします