福島復興への責任 > 除染 > 活動アーカイブ > 2021 > 立入規制緩和区域内(大熊町)のモニタリングへの対応

除染等推進活動

立入規制緩和区域内(大熊町)のモニタリングへの対応

実施時期
2021年1月26日 ~ 2月26日(5日間)
実施場所
大熊町(下野上・熊地区の一部)
実施人数
社員 延べ15人
実施内容
 
 
 
 
 
 
・環境省からの要請により大熊町の特定復興再生拠点区域(下野上・熊地区)の一部において、立入規制緩和に必要となるデータ(地表から1mと1cmの高さでの空間線量率)を歩行モニタリングにて測定を行った。
・2021年3月8日午前9時にバリケードの開放と立ち入り制限を示す看板が撤去され、今後の住民の帰還準備やインフラ整備の加速化が期待されている。

経済産業省HP「大熊町の特定復興再生拠点区域内における立入規制の緩和区域の設定について」参照
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/kinkyu/hinanshiji/2020/210301.html

立入規制緩和区域内 歩行モニタリング
立入規制緩和区域内 歩行モニタリング
【撮影日:2021.2.8】

立入規制緩和区域内 歩行モニタリング
立入規制緩和区域内 歩行モニタリング
【撮影日:2021.2.8】

地図



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします