福島復興への責任 > 復興推進 > 活動アーカイブ > 2019 > 帰還困難区域への一時立入り時の協力

復興推進活動アーカイブ

帰還困難区域への一時立入り時の協力

実施時期
2011年5月~
実施場所
・帰還困難区域への一時立入りについて、内閣府はスクリーニング会場を運営。
・現在は7か所あるスクリーニング会場のうち、内閣府からの依頼により、当社が浪江町の3か所
 [加倉・津島・高瀬]の運営に協力。
実施人数
社員 延べ88,521人 ※2013年1月 復興本社設立以降の累計

・住民の方の一時立入り時は、内閣府から委託された会社と協働で対応しており、当社は防護服の配布、立入り後の使用済み防護服の回収、放射線測定等を実施。
・事業者(公益目的)の一時立入り時は、放射線測定等を実施。

■スクリーニング会場の概要

スクリーニング会場の概要

■スクリーニング会場【バス立入り】(加倉)

<活動の様子>

ご避難先から送迎バスのお出迎え
ご避難先から送迎バスのお出迎え

防護服の配布・お着替え補助
防護服の配布・お着替え補助

スクリーニング会場からご自宅へご案内
スクリーニング会場からご自宅へご案内

お迎え時間、緊急時の連絡方法の伝達
お迎え時間、緊急時の連絡方法の伝達

乗車前の持ち出し品・靴裏等の放射線測定
乗車前の持ち出し品・靴裏等の放射線測定

お荷物運搬のお手伝い/送迎バスのご案内・お見送り
お荷物運搬のお手伝い/送迎バスのご案内・お見送り

・住民の方のご負担が少なくなるよう、防護服の着脱やバスの乗降車時の補助、お荷物持ち等を実施。
・少しでもご不安が和らぐように、立入り中はトランシーバーをお渡しし、体調不良や緊急を要する場合に速やかに駆けつけられるよう、バスにお戻りになるまでご自宅の周辺で待機。



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします