廃炉プロジェクト > 私が、お応えします。 > サブドレン・地下水ドレン > はじめに

私が、お応えします。
福島第一廃炉推進カンパニー
福島第一原子力発電所 水処理設備部地下水対策グループ
サブドレン浄化設備チームリーダー
藤田 知成

廃炉の「今」と「これから」 サブドレン・地下水ドレン

はじめに

Q.「サブドレン」「地下水ドレン」って何?

A.いずれも地下水をくみ上げるための井戸です。建屋まわりの井戸が「サブドレン」、護岸の井戸が「地下水ドレン」です。「サブドレン」は主に建屋内へ流入する前の地下水をくみ上げ、「地下水ドレン」は「海側遮水壁(※注1)」でせき止めた地下水をくみ上げます。 ※注1:海側遮水壁
1〜4号機の海側に建設している全長約780メートルの壁で、下部透水層(地中約30メートル程度)より深くまで打たれた鋼鉄製の杭を連結させてできています。
(2012年5月より建設を開始し、2015年10月に完成しました。)

Q.「サブドレン」「地下水ドレン」はなぜ必要なの?

A.「サブドレン」により、建物内へ流入する地下水を減らすことで、原子炉の燃料に触れることで発生する、高濃度の汚染水を大幅に減らすことができます。また「海側遮水壁」でせき止められた地下水を「地下水ドレン」でくみ上げることにより、建屋より海側の地下水が海側遮水壁を越えて港湾内へ流れ出ないよう、しっかりと管理することができます。

2017年3月現在



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします