エコキュートのイメージ

給湯器選びはなぜ大切なの?

家庭で消費されるエネルギーのうち「給湯」用はなんと約37%を占めています。すでに、照明や家電製品は機器の高効率化が進む一方、消費エネルギーの約1/3を占める給湯の省エネルギーはまだ遅れています。

高効率な給湯器を選ぶことが、家庭の省エネルギーの大きなポイントなのです。

家庭部門のエネルギー消費の内訳のグラフ

一次エネルギー消費量の比較のグラフ

エコキュートは、どのくらい省エネなの?

エコキュートは、ヒートポンプにより空気の熱でお湯を沸かすので高効率。

従来の燃焼式給湯器と比較して、一次エネルギー消費量を約30%も削減することができる省エネルギーな給湯設備として評価されています。

試算条件(左図)
計算根拠:「一次エネルギー消費量算定プログラム」(独立行政法人建築研究所HP)
地域区分:6地域(東京)
延床面積:120.08㎡
給湯設備条件:(配管)先分岐方式、(水栓)すべて2バルブ水栓、(浴槽)高断熱浴槽を採用しない
給湯器効率:(ガス瞬間式従来型)JIS78.2%、(エコキュート)JIS効率3.2

“空気の熱”は再生可能エネルギー

わずかな電気で空気中の熱をくみ上げるヒートポンプは、投入した電気エネルギーの3倍以上の熱エネルギーを得ることができます。

ヒートポンプがくみ上げる“空気の熱”は太陽によって暖められたもの。
つまり、ヒートポンプは太陽光や風力と同じ再生可能エネルギーを利用しているといえます。

エコキュートはこのヒートポンプでお湯を沸かします。

エコキュートの省エネ

非常用取水栓の写真

もしもの時の水=非常用取水栓

エコキュートは貯湯式。「非常用取水栓」から直接水が取り出せるので、非常災害などのもしもの時には、生活用水としても使え安心です。

※水の取り出し方はメーカー、機種により異なる場合があります。
※取水時は熱湯にご注意ください。

1人あたり30L×4人×3日=360L<370L

370Lの貯湯タンクなら、家族4人の約3日分の生活用水の備えになります。

使い方に関するQ&A

A1適正なタンク容量を選んだ場合、主に夜間につくったお湯でほぼまかなえます。来客など普段より大人数で使用する場合は、事前に沸き増し運転を行うことができますので、湯切れの心配はほとんどありません。

※電気温水器で「深夜電力」のご契約の場合、深夜時間のみの通電となるため、深夜時間以外の沸き増しはできません。

A2フルオート・セミオートの場合、浴槽のお湯が配管内を循環するので注意が必要です。一般的に硫黄、酸、アルカリを含んだ入浴剤の使用は禁止されています。詳しくは、取扱説明書をご確認ください。

A3数日であれば、そのまま留守にしても大丈夫ですが、リモコンで停止日数を指定すれば、炊きあげ運転をしないので、電気代が節約でき、省エネになります。

例:5泊6日の旅行なら、出発当日に「4日停止設定」します。この場合、旅行に行く当日もお湯が使えます。当日の朝、お湯を使わないなら、前日に「5日停止設定」すると、より省エネになります。

※メーカー、機種により異なる場合があります。

A4基本的には飲料水としては使用しないでください。タンクにためたお湯は塩素が少なくなっています。水道法では規定量以上の塩素が無い場合、飲料水として使用しないことが定められています。ただし一度沸かしてからなら使うことができます。

  • 必ず水道法に定められた飲料水の水質基準に適合した水を使用してください。
  • 固形物や変色、濁り、異臭があった場合には、使用せず直ちに販売店へ点検を依頼してください。

A5安心して長くお使いいただくために、以下のようなお手入れをおすすめします。

風呂アダプター 風呂アダプターのフィルターをはずし、歯ブラシ等で掃除します。
リモコン 表面を水に濡らした柔らかい布を固く絞って、軽く拭き取ります。時刻があっていることもあわせて確認してください。
漏電遮断器 動作確認をします(1回/月)。
テストボタンを押してスイッチが「入」→「切」になれば正常です。
逃し弁 逃し弁に付いているレバーを操作し、本体排水管からお湯(水)が出ることを確認し、レバーを元に戻します。
タンク 使用する水には混合物が溶けており、長い間に溶出・沈殿したり、水垢などが溜まっていきます。基本的には年に2~3回程度、排水栓を開けて、1~2分間程度排水されることをおすすめします。
その他 ヒートポンプユニット、貯湯タンクから漏水してないか確認します。また3~4年に一度はメーカーの推奨する専門技術者による定期点検をおすすめします。

※メーカーや機種によって日頃のお手入れと点検の頻度はことなりますので詳しくは取扱説明書でご確認ください。

A6取扱方法・故障などのお問い合わせ
ご使用の際、取り扱い方法や故障などでお困りの場合は、お買い求めの販売店、据付工事店、または機器メーカーへご連絡ください。

【エコキュート(ヒートポンプ給湯器)】 (平成25年3月現在)

メーカー名 お問い合わせ先 受付時間 電話番号
株式会社コロナ 首都圏サービスセンター
※一部エリア(静岡県);
名古屋サービスセンター
ご相談、お問い合わせ
AM 9:00~PM 6:00
(日、祝祭日は除く)
修理受付
24時間365日
0120-919-302(無料)
PHS・携帯電話からのご利用は
首都圏サービスセンター;
03-3911-1131(有料)
名古屋サービスセンター;
052-746-6603(有料)
ダイキン工業株式会社 コンタクトセンター 24時間365日 0120-88-1081(無料)
東芝キヤリア株式会社 電気給湯機
ご相談センター
24時間365日 0120-1048-19(無料)
パナソニック株式会社 お客様ご相談センター
(製品に関する相談)
AM 9:00~PM 8:00
(年中無休)
0120-878-365(無料)
修理ご相談窓口 24時間365日 0120-878-554(無料)
日立アプライアンス
株式会社
技術相談センター
(製品に関する相談)
AM 9:00~PM5:00
※土日祭日を除く
0120-578-011(無料)
修理コールセンター 24時間365日 0120-649-020(無料)
三菱電機株式会社 お客さま相談センター
(製品に関する相談)
月曜~金曜:
AM9:00~PM7:00
土日祝祭日:
AM9:00~PM5:00
0120-139-365(無料)
上記フリーダイヤルが
利用できない場合
(携帯電話・PHS・IP電話等)
03-3414-9655(有料)
修理受付センター 24時間365日

0120-56-8634(無料)
上記フリーダイヤルが
利用できない場合
(携帯電話・PHS・IP電話等)
北海道・東北・関東甲信越:
03-3424-1111(有料)
東海・北陸・関西・中国・
四国・九州:
06-6454-3901(有料)

【電気温水器】

メーカー名 お問い合わせ先 受付時間 電話番号
株式会社コロナ 首都圏サービスセンター
※一部エリア(静岡県);
名古屋サービスセンター
ご相談、お問い合わせ
AM 9:00~PM 6:00
(日、祝祭日は除く)
修理受付
24時間365日
0120-919-302(無料)
PHS・携帯電話からのご利用は
首都圏サービスセンター;
03-3911-1131(有料)
名古屋サービスセンター;
052-746-6603(有料)
東芝キヤリア株式会社 電気給湯機
ご相談センター
24時間365日 0120-1048-19(無料)
パナソニック株式会社 お客様ご相談センター
(製品に関する相談)
AM 9:00~PM 8:00
(年中無休)
0120-878-365(無料)
修理ご相談窓口 24時間365日 0120-878-554(無料)
日立アプライアンス
株式会社
技術相談センター
(製品に関する相談)
AM 9:00~PM5:00
※土日祭日を除く
0120-578-011(無料)
修理コールセンター 24時間365日 0120-649-020(無料)
三菱電機株式会社 お客さま相談センター
(製品に関する相談)
月曜~金曜:
AM9:00~PM7:00
土日祝祭日:
AM9:00~PM5:00
0120-139-365(無料)
上記フリーダイヤルが
利用できない場合
(携帯電話・PHS・IP電話等)
03-3414-9655(有料)
修理受付センター 24時間365日 0120-56-8634(無料)
上記フリーダイヤルが
利用できない場合
(携帯電話・PHS・IP電話等)
北海道・東北・関東甲信越
03-3424-1111(有料)
東海・北陸・関西・中国・
四国・九州
06-6454-3901(有料)

※電話番号はおかけ間違いのないようにご注意ください。

お知らせ オール電化のお客さま紹介制度は、大変申し訳ございませんが終了させていただきました。長い間ありがとうございました。

ページの先頭へ戻ります