2020年3月12日
東京電力エナジーパートナー株式会社

 当社は、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングス)等を活用し、新しいサービス・ビジネスの立ち上げや、既存事業のあり方の抜本的な変革を実現する「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」を積極的に推進していくため、新組織「DX推進室」を本年4月1日付で設置することといたしました。

1.「DX推進室」の設置目的
 今後も事業環境が大きく変化していくことが見込まれるエネルギー市場において、より多くのお客さまに選ばれつづける企業となるため、DXを推進し販売力の強化やオペレーションの効率化を全社的に実現する新たな組織「DX推進室」を社長直下に設置します。

2.「DX推進室」の取組み
 【販売力の強化】
  営業活動の実績等に加え、変動する市場状況、顧客ニーズ等に関わる情報のデータ解析における精度を向上。これにより、スピードと精度を高めた販売戦略の高度化や商品開発の立案を実現します。

 【各種業務におけるオペレーションの効率化】
  AI等を活用し、各種業務の自動化・省人化・ペーパーレス化を推進することで、効率および品質の向上を図るとともに、お客さまの利便性向上につながるサービスを提供いたします。

 当社は、DXの推進により、お客さまにとって魅力ある商品・サービスの提供や新たな付加価値の提供等を行い、今まで以上にお客さまに選ばれつづける企業を目指してまいります。

以 上

別紙

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2020年一覧
  5. デジタル・トランスフォーメーションを推進する新たな組織の設置について