2020年3月17日
東京電力エナジーパートナー株式会社
日本瓦斯株式会社

 東京電力エナジーパートナー株式会社(代表取締役社長:秋本 展秀、以下「東電EP」 )と日本瓦斯株式会社(代表取締役社長:和田 眞治、以下「ニチガス」)は、両社および東京エナジーアライアンス株式会社(代表取締役社長:小島 啓司、出資比率:東電EP(50%)・ニチガス(50%)、以下「TEA」)を通じた都市ガスのお客さま件数について、目標としていた200万件(2020年3月10日時点)を達成いたしました。

 2017年4月から始まった都市ガス全面自由化を受け、東電EPは、ニチガスへ卸供給を開始するとともに、ニチガスは、保安面やシステム面で東電EPをサポートするなど、相互協力のもと販売を進めてきました。同年8月には、新規参入事業者に都市ガスの調達や販売に必要な機能・ノウハウなどの事業運営基盤(プラットフォーム)を提供するTEAを共同で設立し、現在、関東・関西・中部の地域で約30社の事業者にTEAのプラットフォームをご利用いただいております。

 2019年1月に、両社は、当初の目標としていた100万件を1年前倒しで達成いたしました。2019年度は、200万件という、さらに大きな目標を掲げましたが、提携先企業・両社が一体となって都市ガス自由化の活性化を積極的に進めるとともに、プロモーション活動やキャンペーンなどの販売施策に取り組んできた結果、このたび、本目標を達成することができました。

 今後も、東電EPとニチガスの両社は相互協力のもと、さらなる都市ガス市場の活性化を図り、より多くのお客さまにお選びいただけるサービスを提供してまいります。

以 上

 

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索