2020年9月9日
東京電力エナジーパートナー株式会社

 当社は、電気・ガスのご加入に関する電話営業の委託先である「りらいあコミュニケーションズ(株)」によるお客さまへの対応において、一部不適切な営業行為があったことを確認しております。これに関して、本日、当社は電力・ガス取引監視等委員会から、「小売供給契約の締結に係る説明義務違反について(業務改善勧告)」を受領いたしました。

 本勧告では、委託先にて架電等を行い電気・ガスの小売供給契約の締結の勧誘や契約手続きを行う際、電気事業法およびガス事業法における説明義務違反が少なくとも52件あったとされており、当社に対し、今後、「法令違反の原因となり得る事象を早期に把握、是正する仕組みの構築」、「需要家に対する説明方法の改善」、「業務委託先に対する監督方法の抜本的な改善」等必要な措置を講ずるとともに当社および業務委託先の役員および従業員に周知徹底を図ること、という内容になっております。

 このたびは、お客さまをはじめ、広く社会の皆さまに、ご心配とご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

 当社は、これまで、りらいあ社による不適切な営業行為が行われた可能性のある全てのお客さまに対して、書面にてお詫びとともにご契約の意思確認を行っており、ご連絡をいただいたお客さまへは、ご不明点等を丁寧にご説明させていただくとともに、ご要望に応じて、ご契約の解約等、真摯な対応に努めております。

 また、社内において再発防止策を検討すること等を目的に、弁護士等の第三者をオブザーバーとする調査部会を設置し、本件に限らず、当社からの委託業務における不適切な営業行為がなかったか等の確認を行ってまいりました。現在、適切なお客さま対応を行うための運用等、再発防止策を策定し、取り組んでいるところです。

 当社は、このたびの勧告内容に対しても、適切に対応し再発防止を徹底してまいります。

(電力・ガス取引監視等委員会からの勧告内容)

  •   1  

    東京電力エナジーパートナー株式会社(以下「東電EP」という。)は、今後、電気事業法第2条の13第1項及びガス事業法第14条第1項の規定に違反することがないよう、法令違反の原因となり得る事象を早期に把握、是正する仕組みの構築、需要家に対する説明方法の改善、電気及びガスの小売供給契約の締結に係る業務を委託する事業者(以下「業務委託先」という。)に対する監督方法の抜本的な改善等必要な措置を講ずること。

  •   2  

    東電EPは、前記1に基づいて講じた措置の内容を自社及び業務委託先の役員及び従業員に周知徹底すること。

  •   3  

    東電EPは、前記1に基づいて講じた措置及び前記2に基づいて実施した周知について、令和2年10月9日までに、当委員会に対し、文書で報告すること。

以 上

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2020年一覧
  5. 電力・ガス取引監視等委員会からの業務改善勧告への対応について