電力センサー等を活用した「フレイル」兆候の早期検知に関する共同研究契約を締結
~栃木県那須塩原市で実証実験を開始~

2021年10月21日
東京電力エナジーパートナー株式会社
東京電力パワーグリッド株式会社

 東京電力エナジーパートナー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 秋本 展秀、以下「東電EP」)および東京電力パワーグリッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 社長執行役員:金子 禎則、以下「東電PG」)は、「電力センサー等を用いたフレイル※1検知に関する研究」について、国立大学法人筑波大学(スマートウエルネスシティ政策開発研究センター 久野 譜也教授)と共同研究契約を締結し、本日、那須塩原市(渡辺 美知太郎市長)にて実証実験を開始しました。

 本実証実験(2021年10月~2022年3月)の目的は、日常生活の中にある家電の使用量をはじめとした様々なデータを収集・分析することで、フレイルの兆候を検知し、早期の対応につなげることです。一般的に、フレイルの兆候を早期に発見し、日常生活の見直し等の適切な対処により、症状の進行抑制や、回復率の向上につながると言われています。

 また本年3月、那須塩原市と東電PGは、全国で初めて※2、相互の資源や能力を有効活用しながら、脱炭素をはじめとした多様な地域課題の解決を図ることで持続可能なまちづくりに資することを目的とした「ゼロカーボンシティの実現及び地方創生の推進に関する包括連携協定書」を締結しており、このたび、那須塩原市を本実証実験のフィールドとしてご提供いただけることとなりました。

 本実証実験では、フレイルの早期検知を実証するために、専用の電力センサーや人感センサー等から得られる生活状況のデータを収集・加工・分析し、フレイル兆候を推定します。今後、本実証実験で得られたデータをもとに、東電EPにて予防・改善につながる情報提供や、サービスの開発にも活用してまいります。
 東電EPと東電PGは、本実証実験を通じて、地域の皆さまの安心で快適なくらしに貢献してまいります。

<共同研究で実現したいイメージ図>
共同研究で実現したいイメージ図

<実証実験の概要>

期間 2021年10月~2022年3月
対象者 那須塩原市在住の65歳以上の単身高齢者約30名
内容 ・居宅内に電力センサーおよび人感センサー等を設置し、生活状況のデータを集積、AI解析によりフレイルの検知ができるか検証
役割 ・東電EP:全体総括、電力データを活用したフレイル予防に関するサービス化の検討
・東電PG:実証フィールドの調整、電力データ等を活用するプラットフォームの提供

以 上

  • ※1  フレイルとは、健康な状態と要介護状態の中間に位置する身体的機能や認知機能の低下が見られる状態のことを指す。
  • ※2  栃木県那須塩原市調べ。

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2021年一覧
  5. 電力センサー等を活用した「フレイル」兆候の早期検知に関する共同研究契約を締結
    ~栃木県那須塩原市で実証実験を開始~