つぎは電化でみらい

蓄電池

蓄電池は、まいにち使える、備えです。

太陽光でつくった電気をむだなく使う。そのためには蓄電池が欠かせません。ためておいた電気を使えるのはもちろん、停電が起きた時は、非常用の電源にもなります。大きな自然災害がふえている時代だからこそ、いつもの時も、もしもの時も、支える電化を。

蓄電システムで電気料金を節約。
停電時も電気が使えて安心

蓄電システムを導入すれば、電気料金が安い夜間に電気を蓄電池に貯めておき、昼間にその電気を使うことで、日々の電気料金を安くできます。また、万一停電が起こっても電気を利用することができ、夜間の照明や冷蔵庫、電気ケトル、炊飯器などが使えるので安心です。

出典:パナソニック(株)
カタログ 「[住宅用] 太陽光発電システム リチウムイオン蓄電システム」

太陽光発電 + 蓄電システムなら、
安心が大幅アップ

太陽光発電と組み合わせれば、夜に蓄電池の電気を使い切っても、翌日昼間に太陽光発電で再び蓄電することができるので、停電時も電気を数日間にわたって使えます。

蓄電池Q&A

蓄電池と発電機の違いは何ですか?

発電機は電気をつくるもので、蓄電池は電気を貯めるものです。

太陽光発電をはじめとした発電機は電気をつくることはできますが、貯めておくことができません。貯める機能を持っているのは蓄電池です。太陽光発電システムと蓄電システムを一緒に導入すれば、太陽光でつくった電気を蓄電池に貯めておくことができ、必要な時に電気を使うことができます。

どこに設置するものですか?

基本は、直射日光の当たりにくい屋外に設置します。屋内に設置できるものもあります。

停電のときでも
蓄電した電気を使えますか?

万一の停電の場合は、自動的に自立運転に切り替えられ、リビングもしくはキッチンなどで電気をご利用できます。

蓄電池の寿命はどのくらいですか?

メーカーによって異なりますが、平均して10〜15年程度継続して利用することができます。

充電時間はどれくらいですか?

家庭用リチウムイオン電池の場合、フル充電するまでに通常3〜5時間程度かかるのが一般的です。

メンテナンスは必要ですか?

大掛かりなメンテナンスは必要ありません。フィルターなど、小規模な消耗品の交換が必要になります。

すでに太陽光発電を設置していますが、
蓄電池の追加設置はできますか?

蓄電池を追加で設置することができます。現在では家庭用蓄電システムのほとんどが、他メーカーの太陽光発電システムとの連携に対応しています。