使い方のポイント

節電機能やタイマー機能を使う

節電機能やタイマー機能を上手に使えば省エネになります。旅行など長期間使用しないときは電源スイッチを切りましょう

フタを閉める

便座のフタを開けっぱなしにすると、便座は冷めてしまいます。フタを閉めていたほうが熱を逃がさず、1日あたり約15%(0.11kWh)の省エネになります。

保温安定時の平均消費電力(30分間の平均値)のグラフ

 

東京電力エナジーパートナー調べ

便座カバー

便座カバーを取り付けると保温力がアップし、省エネになります。

設定温度の調整

便座の表面温度は、季節に合わせて調節できます。フタを閉めているときに「高」と「低」の設定を比べると、「低」のほうが1日あたり約45%(0.29kWh)の省エネになります。

フタを閉めた場合の消費電力の比較(1時間あたりの平均)のグラフ

東京電力エナジーパートナー調べ

ページの先頭へ戻ります