近年の市街地化進展等により敷地面積が狭隘な場所で鉄塔を建設・建替する場合、従来は鋼管単柱鉄塔を適用していましたが、鋼管単柱鉄塔はコストが多くかかってしまいます。

このため、高価な鋼管単柱鉄塔に代わり、山形鋼を使用を使用した一般的な鉄塔をスリム化した超狭根開き鉄塔を開発し、約▲20百万円/基のコスト削減を実現しました。

ベンチマークの実施効果(施策実施前)

ベンチマークの実施効果(施策実施後)

ページの先頭へ戻ります