種類別および処分方法別の廃棄物 <GRI 306-2>

事業活動にともなう環境負荷をできる限り低減するため、産業廃棄物等のリサイクルを推進しています。

産業廃棄物等リサイクル率と埋立処分量の推移 <GRI306-4,306-5>

  単位 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
リサイクル率 % 99.6 99.8 >99.9 99.9
埋立処分量 千t 4 3 <1 <1

主な産業廃棄物等の発生量※1内訳 <GRI306-3>

廃棄物名 単位 2017
年度
2018
年度
2019
年度
2020
年度
主なリサイクル用途
廃コンクリート電柱 千t 76 73 79 80 路盤材
金属くず 千t 49 41 36 32 金属材料・
リサイクル電線
PCB等 千t 25 27 25 26 絶縁油:
無害化処理後、熱回収
変圧器本体:
洗浄後、鉄鋼・銅材料
碍子(がいし)くず 千t - - 3 3 路盤材・再利用
廃プラスチック類 千t - - 3 2 プラスチック再生・
熱回収
石炭灰 千t 742 741 - - セメント原料・
土地造成材
脱硫石こう 千t 183 182 - - 建材材料・
セメント原料
排水処理汚泥※2 千t 4 7 - - 路盤材・
セメント原料
重・原油灰 千t <1 <1 - - 金属回収・
セメント原料
貝殻 千t 3 4 - - 路盤材
その他 千t 13 9 <1  <1 -
合計※3 千t 1,093 1,084 146 144
  • ※1  発生量=有価物量+自社内再利用物量+産業廃棄物量(放射性廃棄物は原子力関連法令で取り扱いが規定されているため、産業廃棄物等発生量には含まれていない。)
  • ※2  脱水後の重量。
  • ※3  四捨五入の関係で、合計値と内訳の和は一致しない場合がある。

重大な漏出

重大な漏出事故が発生した場合は、関係法令に則り迅速かつ適切に対応します。

  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
件数 0 0 0 0

有害廃棄物 <GRI306-4,306-5>

有害廃棄物処理量

PCB廃棄物処理量

  単位 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
微量PCB汚染絶縁油 ML 5 4 4 4
PCB汚染柱上変圧器 万台 8 8 9 7
高圧トランス・コンデンサー類(高濃度) 190 116 121 3