一般送配電事業者が電力供給区域の周波数制御、需給バランス調整を行うために必要な調整力を調達するにあたっては、特定電源への優遇や過大なコスト負担を回避しつつ、実運用に必要な調整力を確保することが重要となります。このような観点から、2016年度より「一般送配電事業者が行う調整力の公募調達に係る考え方」に従い、各エリアの一般送配電事業者において調整力の公募を実施しております。
 公募調達に加え、2021年4月より、エリアを超えた広域的な調整力の調達を行うことで、より効率的な需給運用の実現を目指すため、「需給調整市場」を開設することとなりました。需給調整市場においては、各エリアの一般送配電事業者が調達を希望する調整力の必要量を提示し、調整力の提供事業者は当該必要量に対して入札を行っていただきます。
 需給調整市場に関する情報や各種お知らせ等ついては、「送配電網協議会ホームページ」にて公表されておりますのでご確認ください。

(参考)需給調整市場運営部の設置ついて

 2020年10月1日から、需給調整市場を利用される皆さまの利便性向上のため、受付窓口として「送配電網協議会」内に「需給調整市場運営部」を設置いたしました。
 「需給調整市場運営部」では需給調整市場に関するお申込受付・お問い合わせ対応等の共通的な業務を一元的に実施いたします。
 なお、契約に係る技術的な事前審査や料金等の授受については、引き続き各一般送配電事業者が対応いたします。

【当社プレスリリース】「送配電網協議会」の設置および需給調整市場の利便性向上を目的とした受付窓口の設置について