柏崎刈羽原子力発電所 > 発電所の安全対策 > 事故の拡大防止

事故の拡大防止

発電所では、炉心損傷に至るような重大事故に進展することがないように、幾重にもわたる対策を実施していますが、炉心の著しい損傷が発生した場合においても、原子炉格納容器の破損を防ぐための対策に取り組んでいます。

  1. 格納容器の温度・圧力上昇を抑制
  2. 放射性物質(特にセシウム)を除去する装置を追設して放出を抑制
  3. 水素を的確に処理

事故の拡大防止

  • 原子炉建屋水素処理設備
  • 格納容器頂部水張り設備
  • フィルタベント設備


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします