「福島食材の産地グルメ旅」総集編 後編
おうち時間がアップグレードする福島のお取り寄せ 取材した食材の美味しさをおさらい!

今回は、総集編後編としてこれまで「福島食材の産地グルメ旅」で取材した中の「お米編」と「お魚編」をクローズアップしました。福島県の方々が誇りを持って作り上げてきた食材、その食材に関わる人たちと取材を通して出会えたことで、私はさらに福島に対する愛が強くなったと感じています。福島は食材の宝庫だと、この1年で本当に実感しました。「ふくしま市場」でお取り寄せすれば、まるで地元にいるかのような気分にさせてくれるので、ぜひ福島の魅力を確認してみてはいかがですか?

福島食材の産地グルメ旅 総集編・後編

福島食材の産地グルメ旅 総集編・後編

種類が豊富な美味しい「常磐もの」

――まずはお魚編。第1話は「海産物専門 おのざき」さん。

「常磐もの」と言われるお魚が、種類が豊富で美味しいというお話をお聞きしました。ポイントは豊かな漁場でしたね。取材中、私の心を奪ったのが「厚揚げソフトかまぼこ」。今までかまぼこに対して、特に思い入れはなかったのですが、おのざきさんで食べてから、もう虜になってしまって! お取り寄せもできるので、ぜひ、食べてみてください。ハマりますよ(笑)。

ケイティさんを虜にした「厚揚げソフトかまぼこ」。

――今回は、そんなおのざきさんからとある商品を取り寄せました。

実は取材中にお話を伺った「あんこう鍋セット」が、すごく気になっていました。あん肝は大好きなのですが、実は今まであんこうの身を食べたことがないのです。今回とっても楽しみでした。野菜は自分の好みを用意しました。

あんこうの切り身、スープ、麺が揃っているため、野菜を入れるだけであんこう鍋ができる。

――良い香りが広がってきましたね。お味はどうですか?

まず、魚介が凝縮したような香りがたまらないです! あんこうの身はぷりぷりして美味しく、濃厚なスープととっても合います。そして、女性には嬉しいコラーゲンたっぷりのあんこうの皮は、プルンプルンでとっても食べやすい。米粉麺は具材と一緒に楽しんで、最後の締めは雑炊がオススメです。

――第2話では「ピアシス新橋」さんを取材しました。

お店があるのは東京ですが、福島の農家さんや酒蔵さんとの繋がりが深いことに驚きました。店長の田中さんが、福島に対しての思いがとっても熱くて、それが福島県の方々に伝わっているのだと思います。東京にいながら、福島を感じられるお店ではないでしょうか。取材の時にいただいた「常磐もの」のヒラメの美味しさも忘れられません。

芸術的に盛り付けられたヒラメのお造りは、この上なく美味しい。

――お魚編を締めくくるのが第3話の「和楽 魚菜亭」さん。自粛期間中のため、リモートでの取材でした。

震災後から、復興飲食店街「夜明け市場」に店を構えるまで、本当にご苦労されたと思うのですが、お話を聞いていて、逆にパワーをもらった気がしました。「諦めなければ必ず道は開ける」という想いがあるからこそ、地元の方はもちろん、他県からも魚ファンが集まってくるのですね。「夜明け市場」に行けば、いわき市民のパワーがもらえそう。今度は必ず現地に伺いたいですね!

「和楽 魚菜亭」の北郷さんには大きなヒラメを見せていただきました。

お知らせ

「ふくしま市場」ではお魚をはじめ、福島関連商品が購入可能。

総集編

バックナンバー

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 発見!ふくしま
  3. とびきりのオイシイを求めて!福島食材の産地グルメ旅