福島の桃源郷を訪問!
皮ごと食べる究極の桃の秘密に迫る!

7月14日に取材

ここどこだと思います? ここは福島駅から電車に乗って20分程で訪れることができる東北地方でも有数の湯量を誇る人気の観光地「飯坂温泉」です。
実はその温泉街からほど近くに、有名な桃の生産者・菱沼健一さんという方がいらっしゃいます。県内はもちろん、日本国内の桃農家さんたちに、一目置かれている生産者さんです。今回はそんな「桃名人」とも呼ばれる菱沼さんにお話をじっくり聞いてきました。
福島県を代表する果物・桃のおいしさの秘密を一緒にひも解いていきましょう!

福島食材の産地グルメ旅 桃・動画編

第1話/皮ごと食べる!?桃マニアが作る絶品桃

22品種の桃を育成

それにしても広い畑ですね。見渡す限り果物のなった木がいっぱい。
福島でも大きい農園ですから、いろんな果物を育てています。これからの時期に収穫の最盛期を迎えるのが桃です。
福島を代表する果物といえばやっぱり桃ですよね。海外にも桃はありますが、日本の桃はとりわけやわらかくてジューシー。甘さの中にやさしさがあってほんとうにおいしくて大好き! 日本は桃の種類が豊富ですが、菱沼さんの農園では何種類ぐらい育てているんですか?
うちの農園では22種類の桃を育てているんです。こんなにたくさん育てている生産者さんは他にいないと思いますよ。(笑)
22種類も!それだけ育てているとご苦労も多そうですが、なぜそんなに多くの品種を手掛けているんでしょうか?
桃は収穫期間がとても短い果物で、品種毎に収穫できるのは1週間ほど。桃が一番おいしく食べられる7月から10月までの期間にいつでも美味しい桃を食べていただけるよう、たくさんの種類を育てているんです。
なるほど。桃の一番おいしい時期にお客様へ届けたいという気持ちの現れなんですね。
あとは、いろいろな品種にトライして、おいしい桃を作り出したいという探究心ですね。食べた人に喜んでもらいたいから、どうしたらもっとおいしい桃ができるのか試行錯誤するのが楽しいんです。

おいしい桃のために9割のつぼみを取る

福島といえば、8月上旬から最盛期を迎えるのが『あかつき』ですよね。
この木になっているのが、『あかつき』です。まだ少し青いけど、おいしそうでしょう。
近くに寄っただけで、あま~い桃の香りがします。
うん。いい香りだ。これはおいしくなると思いますよ。
ここまで立派に桃を育てるために大事なことはなんでしょう。
やっぱり太陽の光をたくさん浴びることでしょうね。根元まで日光が当たるよう剪定(せんてい)するには技術がいります。あとは、3月には9割ほどのつぼみを落としてしまいます。どちらも大きくて甘い桃を作るために欠かせない作業なんです。

※剪定=剪定とは樹木の枝を切り、形を整え、風通しを良くし、太陽の光が当たりやすくする事。養分を効率よく利用させて生長を促進し、病害虫の繁殖を予防する効果がある。

地面に敷いてあるこの銀色のシートはなんですか?
太陽の光を反射するシートです。これがあるおかげで、空から降り注ぐ日光を反射させて、まんべんなく木々に当てることができます。太陽をたっぷり浴びた桃は真っ赤に色付くんです。
手をかけた分だけ桃がおいしくなるわけですね。
皮に白く泡が出ているのが食べごろの証。あかつきはまだ青いので、今が旬の『暁星(ぎょうせい)』を食べていってください。

皮ごと食べるのが一番おいしい?

さて、菱沼さんの選果場にやってきました。ご自分でこんなに広い設備をお持ちなんてすごい!普段は皆さんが作業するこちらで、収穫したての桃をいただきたいと思います。
福島にはいろんな桃がありますが、『あかつき』『暁星』は、果肉がギュッとしていて水分が豊富、さらに糖度が高いのが特徴です。
おいしい桃の見分けかたはあるんですか?
割れ目を境にして左右対称で、丸みのあるものがいいですね。あとは全体に産毛がしっかりと生えているもの。


なるほど……ところで、こちらの桃の皮はむかないんですか?
桃は身と皮を一緒に食べると甘味を強く感じるんです。水であらってタオルでこすれば産毛が取れます。まずは皮なしからどうぞ。
いただきます…うん、甘さがグッと詰まっている感じがします。噛むたびに上品な甘さが口に広がりますね。私の中で桃はやっぱりフルーツの王様だなって思います。とってもおいしいです!
では次に、皮がついたままの桃を召し上がってください。
リンゴは皮をむかずに食べますけど、桃を皮ごと食べるって不思議。いただきます…わあ、さっきより甘さが増しているような気がする。皮がアクセントになって、より桃の風味を感じますね
果物は皮と果肉の間が一番甘いから、皮がないときより甘みも強く感じるはずです。皮を剥くと、その一番美味しいところを捨ててしまうことになるんです。
つまり、桃の持つ『うまさ』を余すところなく堪能できるんですね。桃のおいしさに改めて感動しちゃいました!
私たち生産者が小さな努力を積み重ねることで、果物はどんどんおいしくなりますが、本当に作物の出来がいい年こそ、その結果が出ると思っています。今年の桃は上出来なので楽しみにしてくださいね。おいしい福島の桃をお届けします
楽しみにしています! 皆さんもぜひ福島の桃を食べてください!

菱沼農園のヒット商品
果物の蜜を使ったポップコーン

店舗情報

菱沼農園
〒960-0211 福島県福島市飯坂町湯野窪田8
電話番号024-542-5015
オンラインショップ:
https://hishinumanouen.stores.jp/

ふらっと寄りたい名所!福島県話題のスポット!
旧堀切邸
<誰でも気軽に立ち寄れる人気の足湯>

名所情報

旧堀切邸

〒960-0201 福島県福島市飯坂町字東滝ノ町16番地
電話番号:024-542-8188

福島のご当地グルメ! 円盤餃子を堪能
餃子 照井

店舗情報

餃子照井 飯坂本店

〒960-0201 住所福島県福島市飯坂町錦町1-21
電話番号:024-542-4447
定休日:毎週水曜

お知らせ

「ふくしま市場」では桃をはじめ、福島関連商品が購入可能。

総集編

バックナンバー

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 発見!ふくしま
  3. とびきりのオイシイを求めて!福島食材の産地グルメ旅